息子が保育園に通い始めてまる2年、
ついに、ついに、この日がやってまいりました!

朝、園に送り届け、
バイバイをした途端、

「ギャエ〜〜〜ン!!!」

と大泣き
母を求めて泣き叫ぶわが子。

何度この光景を夢見てきたことか。

いままで一度たりとも
母との別れを悲しんで泣いたことがなかった周さま。

いつだって若い保育士さんのほうがいいといわんばかりに
すんなりあちら側へ行ってしまっていた周さま。

ママがいい!
と泣く子供たちを横目で見ながら、
密かにうらやんでいた私。
寂しかったよぅ〜
これでやっと母になれた気分でございます。

そして、泣き叫ぶわが子の声に後ろ髪を引かれながら
仕事に向かう母、ああ、幸せ。
おぉ、息子よ、そんなにも母が恋しいのか、
よしよし。
今日はおいしいご飯、作ってあげるからね。

と心の中でにんまりする母でした。

↑ ↑ ↑
バカッ母
こんなこと毎日やられちゃ大変なのに
って思うお母さんがほとんどでしょう。


でも私にとってはこれも成長のひとつ。
嬉しい出来事なのです。

毎日忙しかったり疲れていたりすると、
子供の成長に気付けなくて、
いつの間にかできるようになっていた、
なんてことも多々ありますが、
どんな些細なことでも、気付けた時には
おもいっきりムギュ〜って抱きしめてあげましょう!