熊本の震災から10日ほど経ちましたが、
まだまだ先の見えない、
不安な日々を過ごしている方々が、
たくさんたくさん、いらっしゃいます。

プライバシーのない避難所や、
狭い車中で、
日に何度も揺れる地震に怯えながら過ごす日々は、
どれだけのストレスか・・・

私が独り身でフットワークが軽ければ、
避難所に行って、マッサージをしたい。
肩や背中や手足をさすって、
ほんのひと時でも、
安らぐ気持ちになっていただけたら・・・
なんて思うだけで、
何もできない自分ですが。。。

3.11東日本大震災から5年。
こちらもまだ完全に復興できているわけではありませんが、
被災したみなさまは、
たくさんの支援に感謝しつつ、
強くたくましく、生きておられます。

小平市に住む、
ミュージシャンであり演出家の寺本建雄さんは、
宮城の被災地に40回ほど通い、
被災された方のお話を聞き、
宮城県内の3〜83歳の112人の方々と一緒に、
東日本大震災を忘れないために、
日本中、世界中からの
支援への感謝の気持ちを忘れないために、
心の復興のステップとなるミュージカルを作りました。

そのミュージカル上演の舞台を映像化した、
3.11ドキュメントシネマミュージカル

『とびだす100通りのありがとう』

5月5日のこどもの日に、
ルネこだいらにて上映されます。
img038

img039


そして、
この映画上映の前座として、
寺本さんのご指導のもと、
小平ミュージカル組を結成し、
上映会の舞台を盛り上げます。

そのひと役として、
ツルタ親子も参加し、練習に励んでおります。

私たちも、歌って踊ります!

5月5日、
14時〜と18時〜
2回公演です。
ぜひ応援に来てください。

『とびだす100通りのありがとう』

大人だけでなく、
子どもにも観ていただきたい、
被災者の生の声を集めたミュージカル映画。
日本各地だけでなく、
世界中でも絶賛をうけ、
感動を生み出している作品だそうです。

地震大国日本、
どこで何が起きるかわからない、
こんな状況だからこそ、
観て、知って、
これからのこと、一緒に考えませんか?