最近ハマっていること。

野生酵母=COBO

季節のフルーツや野菜に住んでいる野生の菌を
ビンにつめ、フタをすることで酵母が活性化。
ビンの中では植物性乳酸菌、酵母、酢酸菌、
そしてそれらの菌が生み出した自然の恵みが育っていく。
自然の菌が生み出す
あまみ、うまみ、さんみ
素材の力とともに味を変化させる。

菌が生きたままの酵母液は、そのまま飲むだけで最高のスープ。
植物性乳酸菌、酵母、ビタミン、ミネラル、アミノ酸や核酸。
体が喜ぶ機能性食品。

料理に使えば生きた調味料として素材の味を引き出し、
うまみをプラスする。

体によくておいしいもの。
それに簡単。

りんご酵母1日目

(りんごCOBO)

このCOBO、サイトを見たり本を読んだりして、
自己流でいくつか育ててみたけれど、
これでいいのか?
と半信半疑な部分をクリアにする為にも、
よりよいCOBO生活をするためにも、
そして、体によいCOBOをみなさんに広めるためにも、
COBO講座に参加してみることにしました。

10月14日COBO BasicProgram 1日目。
目黒区八雲、閑静な高級住宅街にあるウエダ家COBO Labo。

BLOG6450


COBOってなに?COBOについての講義、
りんご、梨、ぶどう、柿、昆布などのCOBOのテイスティング、
育て方のレクチャー、
COBOをつかったレシピ、ごはんの試食。

BLOG6446


自分で作ってみた梨やりんごのCOBOは間違ってなかったけど、
味がぜんぜん違うということ、(同じビンでも一日ごとに味は変化する)
素材によってこんなにも違うということ、
そして何よりおいしい!
難しいことは何もなく、少しずつ生活に取り入れていけば
だんだんCOBOと仲良くなれるんだということが分かり大満足。

全4回の講座、次回が楽しみ。



私の酵母COBO生活はこちら ↓↓↓
『つるた家のおなか』